忍者ブログ

忍まま千 忍活日記

くのいち千が母になりました! その日々の記録です♪

★コドニン★ 忍者の三禁『酒』編

忍術には現代でも役に立つものが沢山ある…。
というわけで、忍まま千が選ぶ知っておきたい忍術シリーズ!!


コドニン ~子供と学べる 現代で役立つ忍術~

<子供に伝えたい忍びの教え>編

 
その1-1
忍者の三禁



忍者の三禁 酒

外でお酒は(なるべく)飲まない事


〇なぜ?
お酒を飲むと、体調が悪くなったり、意識がなくなったり、余計なおしゃべりをしたり、
取り返しのつかない失敗をしてしまう可能性があるから。

〇どうすればいい?
お酒を飲まない。どうしても飲まなければならない場合は少しだけにする。
飲まなくて良いように上手にかわせるようになろう。


=== 解説 ===

『万川集海 巻第二 正心の条目』より

常に酒、色、欲の三つを固く禁制し、ふけり楽しむべからず。
酒色欲の三は元我本心を奪う敵なり。
古来酒色欲にふけり、或は陰謀を泄(も)らし、或は害を蒙りし先蹤(せんしょう)勝計すべからざるなり。

~意味~
常に酒、色、欲の三つを堅く慎み、これにふけって楽しんではいけない。
酒、色、欲の三つはもとより自分の本心を奪ってしまう敵である。
古来、酒、色、欲にふけって、陰謀を漏らしたり、被害を受けた前例は数えきれない。
(「忍者はすごかった 忍術書81の謎を解く」山田雄司著 より引用)


忍者の三禁の中から今回は『酒』について

現代においても、仕事や友達との付き合いで飲み会などがあり、飲みすぎて失敗したーという話はよく聞きます。

お酒を飲みすぎる事は、身体に害を及ぼしたり、自分が何を言ったか覚えていなかったり、寝てしまったり…
そんな隙につけこまれて盗難被害にあったり、してもいない事をしたと言われたりと…
それで人生破滅する可能性もある恐ろしいものであることをしっかり認識しておく事が必要です。

ただし、逆に言えば、酒の席では日常では得られない情報を得られたり、
相手との距離を縮める事ができたりもします。
(相手の欲を利用して目的を達する術を『五欲の術』と言いますが詳しくはまたの機会に。)

一番間違いないのは飲まない事ですが、付き合いで飲まなければいけない場合は、

・自分の飲める量をきちんと把握しておいて、それ以上は飲まない
・その場のノリに流されず自分自身をしっかり保つ

しかし、やはり少しだけでもアルコールが入ると気分が緩くなってしまうので、
出来れば飲まずに済むように
・勧めを上手くかわす対応や話術を身につける
と良いと思います。

上手くお酒と付き合っていけるようになりましょう(*^▽^*)


※追記
お酒は飲まない事。と書きましたが、
私はお酒自体が悪いとは思っているわけではありません!
酒蔵さんが心を込めて作られたお酒、自宅などの安全な場所で適量飲むのは何も問題がないと思います。
上記は、外でお酒を飲む場合注意が必要という事で書いたものです。
忍者も仕事中以外はお酒を嗜んでいたかもしれませんし(^^

また、居酒屋さんやお酒を飲むような場所に行ったのにお酒を飲まないのは…というコメントも頂きました。
そういう場所で飲み物を飲まないのは確かにマナー的によろしくないと思います。
ノンアルコールやソフトドリンクを飲む、1杯だけ飲むなど適宜対応すれば良いと思います。

何事にも臨機応変に対応するのが重要かと('◇')ゞ


 


参考文献:
「完本 万川集海」中島篤巳著
「忍者はすごかった 忍術書81の謎を解く」山田雄司著
「落第忍者乱太郎」尼子騒兵衛著

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
くのいち千
性別:
女性
職業:
主婦くのいち
趣味:
忍活
Copyright ©  --  忍まま千 忍活日記 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]