忍者ブログ

忍まま千 忍活日記

くのいち千が母になりました! その日々の記録です♪

★コドニン★ 五車の術『恐車の術』編

忍術には現代でも役に立つものが沢山ある…。
というわけで、忍まま千が選ぶ知っておきたい忍術シリーズ!!

コドニン
~子供と学べる 現代で役立つ忍術~

<日々の生活で役立つ術>編

 
その2-5
五車の術



恐車の術


ビビるなー!まずは落ち着いて



○なぜ?
恐怖心は冷静さを失わせる


=== 解説 ===

『五車の術』とは、
「喜・怒・哀・楽・恐怖」という、普通の人間にはコントロールするのが難しい感情を利用することで人を操る術のこと。
(「イラスト図解 忍者」川上仁一監修 より引用)

オレオレ詐欺の警告ポスターのようになってしまいましたが…
今回は五車の術ラスト『恐車の術』です!

『恐車の術』とは、脅して恐怖心を植え付けて戦意喪失を狙ったり従わせたりする術です。

まさに現代で蔓延しているオレオレ詐欺がそうですよね…
恐怖を感じるとパニックになったり冷静に物事を考えられなくなるので、
まずは深呼吸をしておちついて、誰かに相談したりしてくださいねー(*^▽^*)
…って完全にオレオレ詐欺対策(笑)

他にもパワハラとか…

皆さんは使わないでくださいねー(; ・`д・´)


「現代でもこんな有効に使えるのだよー」と言いたくて
五車の術をテーマに取り上げてみたのですが
逆に「かからないようにしましょう」と言わなければならなくなった事にちょっと驚きでした。
(書く前にちゃんと考えてなかtt)
確かに五車の術が現代でもとても有用である事はわかったのですが、
結構悪用されてしまっているのが悲しい(´・ω・`)

だからこそこの術を使う忍者には正心が重要であったのです…
ああ、いい加減正心をテーマに取り上げねば!!

他の忍者系サイトやブログに比べれば薄っぺらい内容になってしまっていますが、
このブログの記事が少しでも
忍術の知識を身に付け、自分や大切な人達を守り、
楽しく生きていく為に役立てばうれしいなぁと思います♪

では次もお楽しみに~!


↓五車の術復習はこちら↓
⓵喜車の術
②怒車の術
③哀車の術
④楽車の術





PR

★コドニン★ 五車の術『楽車の術』編

忍術には現代でも役に立つものが沢山ある…。
というわけで、忍まま千が選ぶ知っておきたい忍術シリーズ!!

コドニン
~子供と学べる 現代で役立つ忍術~

<日々の生活で役立つ術>編

 
その2-4
五車の術



楽車の術

誘惑に負けるな~!


○なぜ?
人間は楽なほうについ行ってしまいがち。
目的を果たすためには誘惑に負けずに頑張ろう!


=== 解説 ===

『五車の術』とは、
「喜・怒・哀・楽・恐怖」という、普通の人間にはコントロールするのが難しい感情を利用することで人を操る術のこと。
(「イラスト図解 忍者」川上仁一監修 より引用)

今回は五車の術の第4回目です!
前回の記事で『次回で五車の術ラスト』と書きましたが間違いでしたー(; ・`д・´)

『楽車の術』とは、人を楽しませて従わせたり、羨ましがらせるようなものを見せて、戦う意欲を無くさせたり、味方に引き込んだりする術です。

今までのものは文字から想像しやすかったのですが、
今回の『楽』というのはちょっとわかりにくいかも…?

わかりやすい例が、尼子騒兵衛先生の『落第忍者乱太郎』に載っていました!
ざっくりとあらすじをご紹介すると、
雪の降る中忍術学園に潜入し隠れているドクタケ忍者の風鬼に、
暖かい部屋で楽しくモチを焼いて食べ、楽しく踊って、楽しくケンカをしている様子を見せ、
しびれを切らせて姿を現したところに暖かい甘酒を与え、忍務の内容を白状させる。
という感じです!
(『落第忍者乱太郎 21巻』尼子騒兵衛著より)

現代には楽しいゲームや美味しいおやつなど、誘惑で溢れていますが、
それはあなたを陥れる為の罠かもしれません!!
自分の目的を見失わず、誘惑に負けない強い心を育てましょう(´▽`*)

★コドニン★忍テム『綿タビ』編

忍術には現代でも役に立つものが沢山ある…。
というわけで、忍まま千が選ぶ知っておきたい忍術シリーズ!!

コドニン
 ~子供と学べる 現代で役立つ忍術~

<子育て中に便利な忍者アイテム>編

 
その4-1


綿タビ


さて今回は、五車の術のラスト…の予定を変更して、
突然の思い付き『子育て中に便利な忍者アイテム』
略して『忍テム』をご紹介したいと思います♪


子育てをされた方は経験があると思いますが、
子供のおもちゃって片づけても片づけても散らかっちゃいますよね。
そして気を付けていて踏んづけて痛い思いをします…。(; ・`д・´)

そんなパパママにご紹介したいのは『綿タビ』です!(^^)/

「綿タビとはタビの裏に厚く綿をぬいこんだもので
 ケガを防いだり足音を消したりするのに役に立ちます」
(by「落第忍者乱太郎9巻」尼子騒兵衛著)

これさえあれば、マキビシだってトミカだってへっちゃら!


古くからの忍たまファンの方には常識ですよね!

別の本にも「綿タビ」という名称は出てこないものの、
装束紹介ページの足袋のところに
「足底部分は二枚重ねになっており、間に綿(石綿のような分厚いもの)が詰められている。」
との説明書きがされていました。
(「【決定版】図説・忍者と忍術 忍器・奥義・秘伝集」)

しかし、ふと思い返してみると、他の忍者解説本で綿タビの表記って見たことが無い気がする…尼子先生の落乱に書いてあるので間違いなく歴史的に裏付けがあると思うのですが、
(尼子先生は忍術等に関してはものすごくしっかり調査されているという事で有名です!)
とりあえず手元にある万川集海と正忍記にそれらしい記載は見つけられませんでした。
忍術資料って他にもいっぱいあるので、どこかに多分あるのでしょう( `ー´)キリッ
…資料少なくて&ちゃんと調査しなくてすみませんm(_ _)m


ちょっと話が逸れましたが、おうちで綿タビいかがでしょうか( *´艸`)
現代で綿タビを入手するのはちょっと大変なので、
エアージョグとかおすすめですよ!
底が分厚くてゴムなので機動性も安全性も抜群(^^)/
現代忍者御用達です( *´艸`)

…え?こはぜで脱着が面倒?
じゃあ、SOUSOUさんのつっかけ足袋とか丸五さんのたびりらとかいかがでしょう!
このあたり普通に欲しい( *´艸`)
あ、別に回し者じゃないですよ!アフリエイトとかもしてないし(笑)

…そこ!スリッパでいいじゃんとか言わないで!!


ー終ー

★コドニン★ 五車の術『哀車の術』編

忍術には現代でも役に立つものが沢山ある…。
というわけで、忍まま千が選ぶ知っておきたい忍術シリーズ!!

コドニン
~子供と学べる 現代で役立つ忍術~

<日々の生活で役立つ術>編

 
その2-3
五車の術



哀車の術
相手の同情心を誘おう!


○なぜ?
情に訴える手段は有効

○注意点
やりすぎてわざとらしくなると逆効果!


=== 解説 ===

『五車の術』とは、
「喜・怒・哀・楽・恐怖」という、普通の人間にはコントロールするのが難しい感情を利用することで人を操る術のこと。
(「イラスト図解 忍者」川上仁一監修 より引用)

今回はその五車の術の中から『哀車の術』を!

哀車の術とは「悲しい出来事などを話したりして相手同情を誘う」という術です。
このように文章で書くとなんかわざとらしくなりそう。。。
と思ったりしますが、結構日常で使える有効な術だと思います。

例えば、
「彼女に振られたー(´・ω・`)」
とか
「財布落としちゃった(´・ω・`)」
とか聞いたら、
状況がわからなくても、
『気の毒、かわいそう』
と多少なりは思いますよね。
人間多かれ少なかれ情は持ち合わせていると思うので…
(中には微塵も思わないという方もみえるかもですが。。)

なかなか具体例というと難しいのですが、
例えば、私は子供に言うことを聞いて欲しい時などに使います!

ご飯を食べてくれない時とかに、
「颯のために頑張ってご飯作ったんやにー。ちゃんと食べてくれないとお母さん悲しいなぁ(´・ω・`)」
とか。
まだ颯は小さいので効果は決して抜群とは言えませんが、それでも食べてくれたりするときはあります。


ただし、自己の利益の為に、
嘘をついたり、相手に損害や不利益を与えたりするような使い方をしてはいけません!

忍術を使う上で最も大切とされているのは『正心』で、
『忍術を悪用してはいけない』という事が大前提となります。

(細かく言うとこの「正心」とは現代で言う「正しい心」とは少し違うのですが、ここでは割愛します。とても重要な項目なのでまたコドニンでも必ず記事にしたいと思います!)

例を考えていたのですが、
結構卑怯だったりズルいなって思うものが多かったので、意外とそのままの使い方では難しそうです…。

昔の忍者が乱世を生き延びる為には相手をだましたり陥れたりという事が必要だったのかもしれませんが、現代ではそういった使い方ではなく、
上述したように育児に利用したりすると良いのではないかなぁと。
子供の思いやりの心を育てることにもなり一石二鳥です♪
(※千の個人的な見解ですのでご了承ください)
良い方向に忍術を利用していって欲しいです!


そして逆に、相手が哀車の術をかけてくるかもしれません!
詐欺などの手段にも使いやすい術です。
人に優しく出来るというのはとても素晴らしい事ですが、被害を被らないよう気を付けましょう( `ー´)ノ


哀車の術を使う場合も、使われる場合も重要になるのは
『状況判断』
だと思います!
効果がある相手なのか、使うべきタイミングなのか、
どれぐらい悲壮感をだすのか…(笑)
また逆に、この相手には情をかけるべきか、この話は本当なのか…
などなど。
この術に限らずですが、いろんな意味で
『空気を読める』能力を身に付けられると良いと思います(*'▽')

★コドニン★ 精神統一『息長(おきなが)』編

忍術には現代でも役に立つものが沢山ある…。
というわけで、忍まま千が選ぶ知っておきたい忍術シリーズ!!

コドニン
~子供と学べる 現代で役立つ忍術~

<日々の生活で役立つ術>編

 
その3-2
精神統一



息長(おきなが)



=== 解説 ===
「息長」は、短く吸ってから、とにかく長く息を吐くという呼吸法だ。
-中略-
上達すると運動の直後にもでき、呼吸を素早く整え、呼吸音が消せるという。
科学的には、実験によってリラックス効果があることが明らかになった。
また、熟練者になると呼吸中の感覚が鋭敏になるという実験中の証言から、ある種の瞑想状態になるための呼吸ともいえそうだ。
(『The NINJA -忍者ってナンジャ!?- 公式ブック』より引用)

今回も、前回に引き続き精神統一のお話です!
以前テレビで川上先生が実演されているのを見たことがあり、ずっと気になっていた方法です。


こちらも三重大学で行われた実験についてご紹介します!
--------------------
~実験概要~
5人の熟練忍者に息長をやってもらい、その時の脳波と自律神経機能を測った。

~実験結果~
・脳波の変化
眠気やリラックスをしたときに脳から出るθ波、同じくリラックスした時に出るαとα2が増加し、
反対にイライラや緊張を示すβ波は減った。

・副交感神経機能と交感神経機能の変化
リラックスを表す副交感神経の値が増え、興奮や緊張を表す交感神経機能の値が低下した。

~結論~
実際にリラックス効果はある。
15分後頃からリラックス効果が進んでいる。
眠気を表すθ波が増加しているにも関わらず、被験者全員が「眠気がなく、むしろ感覚が鋭くなっていた」と話したので、非常にリラックスした一種の瞑想状態と推測できる。
(『The NINJA -忍者ってナンジャ!?- 公式ブック』より)
--------------------
出た!5人の熟練忍者(; ・`д・´)
気になる…(笑)

リラックスするだけだはなく感覚が鋭くなるとは…!
これは習得できればかなりの効果が期待できるのではないでしょうか( *´艸`)


ちなみに習得方法は、
鼻の頭に細くさいた紙を付けて、弱い息でたなびかせ続ける修行によって身に付ける。
(『The NINJA -忍者ってナンジャ!?- 公式ブック』より引用)
…そうです!

ただ、
かなりつらく苦しい呼吸で、とても一朝一夕で身に付けられるものではない。
という記載もあります。

実際、以前真似をしてやってみたことがありますが、
ゆっくり長く息を吐くというのが思った以上につらくめっちゃ苦しいです((+_+))

効果を期待できるレベルまで習得するのはかなり困難かもしれませんが、
チャレンジしてみる価値はあるかもしれません♪

プロフィール

HN:
くのいち千
性別:
女性
職業:
主婦くのいち
趣味:
忍活
Copyright ©  --  忍まま千 忍活日記 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]